2008年07月10日

福島市の英会話・フランス語スクール

文法と会話のどちらに重点を...おいたらいいのか?
実際二つは切り離すことはできず、両方とも必要です。もちろん、みなさんは読み書きを覚える前に自然に話し始めますね。それはピアノを習うのに似ています。例えば部屋に座って三年も楽典を学んでからようやくピアノを弾き始めるという人はいません。けれども文法は様々なテストや学校教育などにおいて重要であり、だからこそアゴラでは日常的な会話(ALS)からはじめて(まずこれが基本であり重要です)、北米の小学校式の授業(AGS)まで幅広くクラスを展開しています。

Should I be focused more on grammar or on speaking? Both, in fact they go together. Of course, people learn how to speak a language before they start reading and writing. It is only natural. It’s like learning the piano. You don’t sit in a room and study music theory for 3 years and THEN start learning how to play. However, grammar is a big concern especially for tests and schooling, which is why Agora offers a wide range of classes starting from general conversation to regular North American primary school English.


posted by レジス・ドラビゾン at 16:00| Comment(4) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by UnLecPLrL at 2009年12月08日 04:27
doors.txt;1;1
Posted by wmAyUUAbrKVxla at 2009年12月09日 19:51
Posted by zAuvCVEhwtcGROfjDy at 2009年12月21日 02:51
Posted by PWfgzwCcRyUYxk at 2009年12月26日 14:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック




Copyright(C) -AGORA- Corporation. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。