2009年03月19日

福島市小学校英語教育はどうなるのでしょうか English Elementary School Education in Fukushima City

 子供たちを教えている世界の多くの外国語学校はアゴラを含めて、母国語を出来るだけ、もしくは全く使わない方がいいと考えています。実際にカナダの公立学校では、外国語を教える際には...母国語を使わない決まりになっています。 若い頃には、1つか2つの単語しか聞き取れなくても、わからなかったところを想像して何を言っているか考える素晴らしい能力があります。第二言語を習得することは、それに触れる機会が少ない場合、とても難しい事です。

 先生がネイティブスピーカーかどうかはほとんど関係がありません。その言語にできるだけ触れるということが鍵なのです。 外国語の授業中、ただ座ってほとんどが母国語で行われる説明を聞く事は、お金と時間の無駄になってしまいます。

 日本の公立校での英語教育はここに問題点があると知られています。最終目標が読み書きと文法で、英語でのコミュニケーションはその次なのです。人々もそれに気付いており、文部科学省は日本人の外国語能力を向上させる決断をしました。中学校ではオーラルコミュニケーションにさらに重点が置かれ、2011年度からは外国語(英語)の授業が全ての小学校で始まります。 外国語を教える者として、日本人の英語の応用力が上がる可能性に期待しています。

 しかし、はたしてどうなるでしょうか? 多くの疑問が残ります。 誰がどの言語でこの新しい英語クラスを教えるのでしょうか?実証済みのカリキュラムが使われるのか、それとも文部科学省が作成した「英語ノート」を使い指導していくのでしょうか?私も実際に「英語ノート」を見ましたが、その感想を申し上げると、しっかりしたカリキュラムではなくてただ英語アクティビティを集めたというかんじで、英語を教える経験を持っていない先生にとってはとても使いにくいと思います。中学校英語とちがって小学校では、適切だと思われるものならどんな教材でも自由に使えます。 地域の教育委員会が英語教育に対してどのような方針を打ち立てるかが楽しみですね。

 もし小学校のお子さんがいるなら、上記の質問をすることを強くお勧めします。我々の子供たちが英語を教わるなら、ぜひとも適切に行ってほしいですね!英語のコミュニケーションにおいて、日本は長く近隣のアジア諸国に遅れをとってきました。

 根本的に問題のある英語教育システムを、わたしたちはこれからも続けていくのでしょうか?今こそ従来の考え方に疑問を唱え、必要な改革を行って日本をトップクラスに押し上げる時です。 「イエス、ウィ キャン」ではなく“Yes, we can!!!”

Many successful language schools, including AGORA, in the world that cater to children believe that the local language should be used as little as possible if not at all. In fact, Canada’s official position on language education is to avoid the use of students’ native language.

At a young age we have a wonderful capacity to fill-in the blanks and make sense of what is being said even when we understand only a word or two. It is very difficult to pick up a second language when our exposure to it is limited. Whether the teacher is a native speaker or not is pretty much irrelevant.

The key is being exposed to the language as much as possible. It is a waste of time and money for someone to sit through a language class and hear mainly their native language spoken. English public school education in Japan is notorious for this. When the primary goal is to teach reading, writing, and grammar little emphasis is put towards students actually using English to communicate.

There seems to have been an awakening, though, and the Ministry of Education in Tokyo is determined to improve Japanese foreign language skills. At junior high schools more emphasis is being put to oral communication and from 2011 a foreign language (ie. English) will be taught at all elementary schools. As a language educator I am exited at the prospect that English literacy will improve in Japan.

But will it? Many questions remain. Who will be teaching these extra English classes and in what language? Will a proven curriculum be used or one that was recently put together by the Ministry of Education in Tokyo (ie. EIGO NOTE). After reviewing the EIGO NOTE from cover to cover I can only say that it is far from a usable curriculum. A set of English notes or activities would better describe it. For a teacher with very little or no experience teaching English to children it will be very difficult to use effectively.

Unlike English taught in junior high schools elementary schools are free to use what-ever material they deem appropriate. It will be interesting to see how the local Boards of Education around the country develop a strategy for teaching English in their area. If you have a child in elementary school I strongly suggest you ask these questions.

If English will be taught to our children then let’s have it done properly! Japan has long been overtaken by its Asian neighbors with regards to English communication. Are we going to continue to use a system that is fundamentally flawed?

It is time to challenge conventional thinking and make the necessary changes to bring Japan to the forefront. “Yes, we can!” and not 「IESU WI KYAN」!!!

If you have comments about this article please feel free to write to me at info@agorago.com


posted by レジス・ドラビゾン at 13:49| レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




Copyright(C) -AGORA- Corporation. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。