2010年10月12日

英語ノートを事業仕分けしょう!

英語ノートを事業仕分けしょう!


日本は多くの負債を抱え、GDPは今年200%に達する勢いで、民主党政権になってから、日本政府は賢明に無駄な支出を削減しています。しかし、英語ノートがなくならないのはなぜなのでしょう?あれはひどい英語教材というだけでなく、

Japan is drowning in dept, reaching this year 200% of GDP, and the Japanese government has been wisely cutting wasteful spending since the DPJ got elected this year. But, why did EIGO NOTO avoid getting the ax? Not only is it a terrible English teaching tool but
...子供の言語教育にも悪いと思います。 5〜6年生のための'外国語活動'というアイディアはすばらしいのですが、どうして半ば強制的にこの英語ノートを使わなければならないのでしょうか(福島市の教育委員会は特にそうです)。しかもそれはとても悪い使われ方をされ、学校での活動は英語を教えることだけに限定されてしまいます。
郡山市では2008年に、小学校英語教育学会が開催されました。私は他のアゴラのスタッフと一緒に、何か学べることを期待してイベントに参加しました。ちなみに福島の教育委員会からは誰も出席していませんでした。彼らはALTの先生たちのための英語ノートの使い方の研修で忙しかったのだと後から聞きました!!!その会議ではたくさんの英語のアクティビティが紹介され、そのうちのいくつかを今アゴラでも使っています。しかし最も勉強になったことは、東京から来た文部科学省の方がはっきりと、「英語ノートは小学校で基本的に使用する教材ですが、他の教材で良いものがあればそれを使ってかわまない。」と仰ったことです。しかし悲しいのは、彼らはそれを作成したことで満足しているという事です…
5〜6年生の'外国語活動'という35回の授業は、その名前の通りであるべきです。子供たちに話をしてくれる人を呼んで自分の国や文化について話してもらい、基本的な言葉だけをいくつか教えたらどうでしょうか。それが中国語でも、ロシア語、韓国語、フランス語、スペイン語、もしくは英語であっても、"こんにちは"、"さようなら"、"ありがとう"や1〜10などの簡単な言葉を教えることはできると思います。3つか4つの言語に分けたとしても、一つの国の言葉や文化について学ぶのに最低8回の授業ができます。英語だけに視野を制限するのは賢いとはいえないのでは...

...also interferes with our children’s language education. The idea of a ‘Foreign Language Activity’ for 5th and 6th graders is a noble one but why indirectly force local board’s of education (Fukushima city being a prime example) to adopt this rag. It limits schools to only teaching English, and in a very bad way. In 2008, Koriyama city hosted the national conference on Teaching English at Japanese Elementary Schools. Along with other AGORA staff, I attended the event hoping to learn something. Not a single person from Fukushima’s board of education attended, by the way. I was later told by a defensive official that they were busy training ALTs on how to use the EIGO NOTO!!! There were many English activities presented, some of which we use at AGORA today. The most enlightening thing, however, was a speech by a ministry of education official from Tokyo clearly stating that EIGO NOTO was only something for elementary school to fall back on should they have nothing else and was definitely not compulsory. The sad fact that they created it, however, becomes their seal of approval which is enough for many boards of education…
The 35 classes spent by 5th and 6th graders on the ‘Foreign Language Activity’ should be just that. Why not invite people to talk to the children about their own country and culture and teach only a few basic words. Whether it be Chinese, Russian, Korean, French, Spanish, and/or English it would make sense to only teach simple words such as “Hello”, “Good-bye”, and “Thank you” plus counting from 1 to 10. Divided into 3 or 4 languages the children would get at least 8 classes to learn about each language and culture. It seems unwise to limit their horizons with only English…
posted by レジス・ドラビゾン at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165439818
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック




Copyright(C) -AGORA- Corporation. All Rights Reserved.
QR-CODE
*このQRコードで簡単に携帯へURLが取り込めます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。