2008年01月18日

What's your sign?

ネズミ年を、北アメリカやヨーロッパの人たちは、どうとらえているのでしょう?そうですね、ほとんどの人たちはあまり気にしないようです。中国からきた十二支は、主にアジア文化に興味のある人たちだけが使っているようです。そのかわり、カナダに暮らす人のほとんどは、西洋占星術の十二星座のことなら知っています。これらの星座は、牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座、獅子座など、おおよそ月ごとに分かれています(詳しいリストはアゴラのオフィス、またはZodiac Signs.pdf)。西洋では一般的に、お互いが誕生日によってどの星座になるかをよく聞きあったりします。いろんな意味で、これは日本人が血液型をきく習慣に似ています。みなさんも自分の星座を英語で調べてみてはどうでしょう?西洋の人と話すときに役に立ちますよ。でも、西洋の国では血液型をきかないように!きっとみんなはあなたがドナー(献血者)を探しているのかと思うでしょう。実は私も、五年前にようやく自分の血液型を知りました…             

Year of the Mouse (or Rat if you prefer); how do people in North America and Europe relate to this? Well, it does not really mean much to most people. The twelve animals form the twelve signs of the Chinese Zodiac and tends to be referred to mainly by those interested in Asian culture. Most people in Canada are aware, instead, of the twelve signs of the Western Zodiac. These signs relate roughly to a one month period and include Aries, Taurus, Gemini, Cancer, Leo, etc. (a full list is available at the AGORA or Zodiac Signs.pdf). In social situations people often ask each other what sign they are, based on their birthday. Why not look up your own sign? It may come in handy when talking with Westerners. In many ways, this is very similar to the common Japanese practice of asking someone what their blood type is? But, do not ask about blood types in the west as they may think you are looking for a donor! As for myself, I only found out my blood type 5 years ago...

Zodiac Signs.pdf


posted by レジス・ドラビゾン at 13:14| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック




Copyright(C) -AGORA- Corporation. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。