2008年04月26日

Hanami in D.C.

Hanami in DC.png


1912年に、友好の印として日本からアメリカに桜の木が贈られました。桜の木はワシントンD.C.に流れるポトマック川沿いに植えられ、4月の初旬に満開になるその景色は、みんなに親しまれています。アメリカの首都に桜を植えるというアイディアは、以前日本を訪れ、日本の桜を祖国に紹介したいと考えたアメリカ人が思いついたものでした。彼と、日本政府で高い地位についている友人との話し合いを通し、日本政府が桜の木を贈ることに決定しました。最初の船で送られた2000本は、残念ながら病気が付いて処分されましたが、それでも日本は二度目の船で3200本を送り、無事アメリカの税関を通りました。そのお礼として、 1915年にアメリカ政府から日本に花水木が贈られました。それらの木は日本全国のたくさんの街の並木となり、桜のすぐ後に咲き始めます。
Sakura trees were offered to the United States in 1912 as gift of friendship from the people of Japan. Planted along the Potomac river in Washington D.C. they are a popular sight in early April. The idea of planting these trees in the US capital was that of an American who had visited Japan and fell in love with the sakura tree. After discussing the idea with friends highly placed in the Japanese government Japan decided to offer the trees as a gift. The initial shipment of 2000 trees were unfortunately plagued by disease and had to be destroyed. Unfazed, Japan sent a second shipment, this time 3200 trees, and they successfully cleared US customs. By 1915 the United States responded with a gift of flowering dogwood trees to the people of Japan. These trees line many urban streets through out Japan and come into bloom soon after the sakura trees.


posted by レジス・ドラビゾン at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック




Copyright(C) -AGORA- Corporation. All Rights Reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。