2015年06月16日

冷たいスープはいかがですか?


冷たいスープはいかがですか?


父がフランス人だったので、幼いころから例えどんなに暑い日でも、母は常に夕食に温かい、すばらしいスープを出してくれました。ところが私がまだ10才くらいだったある日、私は人生でとてもひどいショックを受けました。どこでだったか、誰かが、ヴィシソワーズを私に食べさせたのです!歯が折れてしまいそうなその冷たさに、私は全く心の準備ができていませんでした。ヴィシソワーズは、ニューヨークにあるリッツカールトンの料理長(フランスのヴィシー出身)が1917年に考えたもので、夏の風物詩ですが、わたしは今でも、例え夏の暑い日でも、このさわやかで新しいスタイルのスープより普通の温かいスープの方が好きです。

アゴラキンダーガーデンでバスティーユデイを兼ねた会食があり、特別メニューを考えていたところ、ヴィシソワーズを出したらどうかと勧められました。私の最初の反応は、“いや、子供たちは気に入らないだろう”というものでした。しかしよく考えてみると、それは私の個人的なトラウマによる偏見だったことに気づきました!最終的に私はリスクを負う覚悟でそのヴィシソワーズを出し、実際出してみるとそれはとても好評でした。たくさんの子供たちがおかわりをしたのです!私は気がつきました。簡単な英語でこのスープは冷たいんだと何回か説明してもらいさえすれば、私の場合も全然違う結果になっていたんだと…



Vichyssoise soup anyone?


Growing up and having a French father my mother always served a wonderful bowl of hot soup at dinner time, even on the hottest summer day. Then, one day when I was about 10 I had the shock of my life. Someone, somewhere, served me Vichyssoise Soup! I was not prepared for the chill that almost cracked my teeth. Although being dreamed up by the head chef of the Ritz Carlton in New York in 1917 (originally from Vichy, France) and considered a summer delicacy I would still, to this day, choose a hearty potage over this refreshing alternative in the dead heat of summer.

During a past AGORA Kindergarten Birthday Lunch celebrating Bastille Day, I was putting together an extra special menu when my wife suggested serving Vichyssoise soup. My initial reaction was, “No, the children wouldn’t like it.” But after a little reflection I realized how I was biased because of personal trauma! I eventually decided to risk it and serve up what turned out to be a very popular dish; many of the children had a second helping! I made a point, though, of explaining several times in simple English how the soup was going to be cold and it seemed to have made all the difference… - Regis de Lavison


posted by レジス・ドラビゾン at 09:26| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月12日

アゴラの外国語を習う10の理由 at AGORA!

10 Reasons to Learn a Foreign Language 外国語を習う10の理由

1. To increase global understanding 国際理解を高めるため

2. To improve employment potential 雇用の可能性を高める

3. To increase native language ability 母国語の能力を高めるため

4. To sharpen cognitive and life skills 認識と人生の知恵を磨くため

5. To create a brighter future for our children  子ども達に対して明るい未来を作るため

6. To appreciate international literature, music, art and film  国際的文学や音楽、そして映画を鑑賞するため

There is no finer satisfaction than to be able to understand, explore and appreciate the work of something in a language other than your own. 外国語の何か作品を理解し、探求し鑑賞すること以上に完全な満足というものはない。

7. To make travel more feasible and enjoyable
 より楽しく意義のある旅をするため


8. To expand the ability to study, live and work abroad  海外で学び、生活し、働く選択肢を広げるため
“Two roads diverged in a wood, and I - I took the one less traveled by, and that has made all the difference.” - Robert Frost, American poet. 「森の中で目の前に2つの道が分かれている。私はあまり人が踏み入ったことのない方の道を選んだ。その道は今まで経験していないことばかりだった」-アメリカ人詩人


9. To increase understanding of oneself and ones‘ own culture  互いの文化に対する理解を深めるため
“As the traveler who has once been from home is wiser than he who has never left his own doorstep, so a knowledge of one other culture should sharpen our ability to scrutinize more steadily, to appreciate more lovingly, our own.” - Margaret Mead, American anthropologist 「自分の家を離れて旅をした者は、1度も家を出たことがない者より懸命である。他国の文化に対する知識が自らに対する探求心をより着実なものにし、より自らを愛しく思えるのである」-アメリカ人人類学者


10. To make lifelong friends  人生の親友を作るため
“The most important trip you may take in life is meeting people halfway.” - Henry Boye, author 「あなたが行うべき人生でもっとも重要な旅は、その途中でさまざまな人に出会うことである」-ヘンリー・ボイエ 小説家
posted by レジス・ドラビゾン at 11:59| Comment(1) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

AGORA's Original Christmas Song Medley

For the older students here is a medley of Christmas songs we originally put together for our Christmas party a few years ago. Of the 15 songs in this medley how many do you recognize? Feel free to download the compilation and enjoy singing it with your friends and family during this Christmas season!




It's beginning to look a lot like Christmas
Ev'rywhere you go;
Take a look in the five-and-ten, glistening once again
With candy canes and silver lanes aglow.

It's beginning to look a lot like Christmas,
Toys in ev'ry store,
But the prettiest sight to see is the holly that will be
On your own front door.


Silver bells, silver bells
It's Christmas time in the city
Ring-a-ling, hear them sing
Soon it will be Christmas day


Jingle bell, jingle bell, jingle bell rock
Jingle bells swing and jingle bells ring
Snowing and blowing up bushels of fun
Now the jingle hop has begun

Jingle bell, jingle bell, jingle bell rock
Jingle bells chime in jingle bell time
Dancing and prancing in Jingle Bell Square
In the frosty air.


Thumpety thump, thump, thumpety thump, thump,
look at Frosty go.
Thumpety thump, thump, thumpety thump, thump,
over the hills of snow.


Oh the weather outside is frightful
But the fire is so delightful
And since we've no place to go
Let It Snow! Let It Snow! Let It Snow!


They know that Santa's on his way;
He's loaded lots of toys and goodies on his sleigh.
And every mother's child is going to spy,
To see if reindeer really know how to fly.


Rudolph, the red-nosed reindeer
had a very shiny nose.
And if you ever saw him,
you would even say it glows.

All of the other reindeer,
Used to laugh and call him names.
They never let poor Rudolph,
Join in any reindeer games.


What a bright time, it's the right time
To rock the night away
Jingle bell time is a swell time
To go gliding in a one-horse sleigh


Dashing through the snow
On a one-horse open sleigh,
Over the fields we go,
Laughing all the way;
Bells on bob-tail ring,
Making spirits bright,
What fun it is to ride and sing
A sleighing song tonight.


Silent night, holy night.
All is calm, all is bright.
Sleep in heavenly peace
Sleep in heavenly peace


I'm dreaming of a white Christmas
With every Christmas card I write
May your days be merry and bright
And may all your Christmases be white


Through the years
We all will be together,
If the Fates allow
Hang a shining star upon the highest bough.
And have yourself a merry little Christmas now.
I'll be home for Christmas,
You can count on me.
Please have snow and mistletoe
And presents under the tree.
Christmas Eve will find me,
Where the love light gleams.
I'll be home for Christmas,
If only in my dreams.


We wish you a Merry Christmas;
We wish you a Merry Christmas;
We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year.

We wish you a Merry Christmas;
We wish you a Merry Christmas;
We wish you a Merry Christmas and a Happy New Year.

Good tidings we bring to you and your kin;
Good tidings for Christmas…..


And have yourself a merry little Christmas now.

posted by レジス・ドラビゾン at 18:18| Comment(4) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

December Class Song




English Though Music 音楽で英語を覚える


English sounds are naturally different from Japanese and distinguishing them is always very difficult. An easy and fun way to acclimatize our ears to these different sounds is by listening to music and singing along in English. Children are very quick at learning new songs and even among adults my students (English and French) with the best pronunciation always enjoy listening to music as a hobby.

At AGORA music forms an important part of the young learners’ language curriculum. While songs are used extensively in the AKG, Baby & Mom, and Long Kinder programs elementary school children in ALS come together in the Canada Room to sing a catchy tune. This month’s song is “What do you want for Christmas.” To listen to it click on the audio player below.



英語の発音はもともと日本語と違い、聞きとるのはとても難しいものです。その難しい音に耳を慣らす簡単で楽しい方法が、音楽に合わせて英語で歌を歌うことです。子供たちはあっという間に歌を覚えてしまいますし、私の社会人クラス(英語及びフランス語)の生徒の中でも、発音の良い人はいつも趣味で音楽を聞くのを楽しんでいる人たちです。
 
アゴラのカリキュラムでは、小さな子供たちが英語を学ぶ際、歌が重要な役割を果たしています。AKGやベビー&マム、ロングキンダーのクラスではたくさんの歌を歌っていますし、小学生のALSクラスでは、みんなカナダルームに集まり、楽しくて覚えやすい歌を一緒に歌います。今月の歌は“What do you want for Christmas.”(クリスマスプレゼントは何がいい?)です。
posted by レジス・ドラビゾン at 15:15| Comment(14) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

地震 地震・津波・原発事項から前に向かってGO!!

Fukushima; Moving Forward 前に向かってGO!!


The last few months have forced many of us to reflect on our lives here in Fukushima. Many families and individuals have decided that they prefer to live elsewhere and they cannot be criticized for doing so. It is a very personal decision that should be respected. At the same time we should think for ourselves and not be concerned or on the contrary reassured by the actions of others.

Directly due to the events of 3/11 numerous students and some AGORA staff in both Fukushima and Koriyama have decided to leave. Many more will likely follow but AGORA remains committed to its students and plans to adapt to the new situation. Our goal of being Fukushima’s best school for foreign language education remains unchanged and we will do what is necessary to excel in this new environment.

It is important that Fukushima moves forward with increased vigor. There are many wonderful people in Fukushima and AGORA looks forward to working with them to tackle the many challenges that lie ahead.

 ここ数ヶ月、たくさんの人たちがここ福島での生活について、そして未来に何を望むかについて考えさせられました。多くの家族や個人が福島を離れて暮らすことを決断し、そして誰もそれを責めることはできません。それはとても個人的な判断であり、尊重されるべきものです。他の人がどう行動するかは心配しなくてもいいと思います 。

 3月11日の出来事が直接影響して、福島と郡山両方のアゴラの多数の生徒や何人かのスタッフが辞める決断をしました。これからさらにその数は増えると思われますが、アゴラはこれからも残った生徒たちのために努力を続け、新たな状況に立ち向かっていきたいと思います。福島で一番の外国語教室になるという私たちの目標はこれからも変わりません。そして、この状況に打ち勝つために必要なことをしていきます。

 福島が前に向かって元気にがんばっていくことが大切だと思います。福島にはたくさんの素晴らしい人々がいるので、アゴラはそんな人たちと共に、これから待ち受けているだろう課題に一緒に取り組んでいきたいと考えています。
posted by レジス・ドラビゾン at 14:34| Comment(1) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月31日

ケアンズのFRESHWATER学校体験!!



4万坪以上のトロピカルなグラウンドを持つFRESHWATER CHRISTIAN COLLEGEに伺いました。 子どもたちは一人ずつ5年生と6年生のクラスに入りまして、一日を過ごしました。 最初はみんながかなり緊張をしましたがすぐ落ち着いてほかの子どもたちと楽しく交流ができました。 

授業中に校長先生と(レジスが)長く話をして、「この学校が本当にすばらしい!」と思いました。 近い未来、アゴラの生徒たちが一日ではなくて、2週間〜1年以上FRESHWATER CHRISTIAN COLLEGEで留学をすれべとてもいいと思います。

26.jpg
5年生のクラス

27.jpg

28.jpg

29.jpg
6年生一組

30.jpg
星形の中にそれぞれの子どもたちが今学期の自分の目標を書いてあります。

35.jpg
6年生2組

31.jpg

32.jpg
体育館が去年に新しくなって下の部分が全てオープンなので涼しい風を良く感じます。>

33.jpg
奥の建物で中学生や高校生が木材加工の授業をやっています。

34.jpg

36.jpg

37.jpg

38.jpg

posted by レジス・ドラビゾン at 09:02| Comment(1) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

Cairns Tropical Zoo

二日目 オーストラリア動物発見!!

午前中にオーストラリアの動物についていろいろを勉強したらケアンズトロピカル動物園に行ってきました。 帰りはYvonne先生が親切にPalm Coveを案内してもらいました。 Palm Coveがケアンズでは大人気の観桜スポットだそうです。 しかし、「ワニ注意!」の看板があってちょっと怖かったです。 がく〜(落胆した顔)

11.jpg

12.jpg

13.jpg

14.jpg

15.jpg

16.jpg

17.jpg

18.jpg

19.jpg

20.jpg

21.jpg

22.jpg

23.jpg

24.jpg

25.jpg










posted by レジス・ドラビゾン at 16:05| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

無事にケアンズに着いて、留学・ホームステイー START!

1日目 ケインズに到着!

昨日、朝8:30にケアンズに到着しました。 ついでにCairns Language Centerに行って学校を案内してもらったり、1週間の予定を聞いたり(英語で)、ホームステイーのための英語を勉強したりしました。

室外の食堂でおいしいオーストラリアのサンドをごちそうになったらケアンズ町のめぐりツアーをしました。

夕方の5時にホスト ファミリーが迎えに来て、みんながそれぞれの家に帰りました。 大変疲れて、私(レジス)が8:30に寝たんだけど男の子たちは10時過ぎまで元気でおしゃべりしたそうです。 今日、がんばって家の子達と同時に8:30から静かに寝るように約束してもらいました。:-)

CLC Outside.JPG
学校の外

CLC Lounge.JPG
休憩時間の休むラウンジ

CLC Class with Yvonne.JPG
Yvonne先生との英語の勉強

Sandwiches.jpg
いただきま〜す!

In lunch area with other students.jpg
ヨーロッパからの留学生が多い!

Hosei with crab.JPG
"Look, I caught a crab!" 「ほら、見て!」

Hosei and Takeru with crabs.jpg
"I wonder if they are good to eat..." 「おいしいかな〜?」

Karen inside fish.JPG
"Help!" 「助けて!」

Takeru and Hosei by fountains.JPG
"This is fun"

Outside library.JPG
ケアンズの元市役所

Karen reading in library.JPG
"I like reading English!"

Postcards.jpg
"Let's write a postcard!"

Writing postcards in mall.JPG
"Oh no! I can't remember my address..."

Sending postcards.jpg
"Come on Regis, hurry up!!"









posted by レジス・ドラビゾン at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月28日

英語のイマージョン教育  English Immersion in Japan

English immersion is definitely the best way for Japanese children... 英語のイマージョン教育(100パーセント英語での授業)は、日本の子どもたちにとって英語でのコミュニケーションを学ぶのに一番いい方法だと思います。このイマージョン教育は、続きを読む ...Read on
posted by レジス・ドラビゾン at 14:51| Comment(5) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月17日

冬の歌

posted by レジス・ドラビゾン at 21:25| Comment(1) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月16日

Vue panoramique de Paris パリのパノラマ

画像にクリックしてください Cliquer sur l'image
normal_paris-panorama.jpg

posted by レジス・ドラビゾン at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月14日

2010年10月12日

英語ノートを事業仕分けしょう!

英語ノートを事業仕分けしょう!


日本は多くの負債を抱え、GDPは今年200%に達する勢いで、民主党政権になってから、日本政府は賢明に無駄な支出を削減しています。しかし、英語ノートがなくならないのはなぜなのでしょう?あれはひどい英語教材というだけでなく、

Japan is drowning in dept, reaching this year 200% of GDP, and the Japanese government has been wisely cutting wasteful spending since the DPJ got elected this year. But, why did EIGO NOTO avoid getting the ax? Not only is it a terrible English teaching tool but
続きを読む ...Read on
posted by レジス・ドラビゾン at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Clothing Words Videos





posted by レジス・ドラビゾン at 09:31| Comment(0) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

アゴラ ホームページが新しくなりました!

Picture1.jpg

On this 10th anniversary of our school we decided to completely change our website and bring it more in line with the school's culture. We are still tweaking it so it might be a few more weeks before we are completely satisfied.

Please feel free to give us your thoughts. We may actually use a good idea and alter the site!

今年でアゴラの10周年になりまして、スクールの雰囲気にもっと合っているホームページを作り直しました! どうですか? ぜひ、皆さんのご意見を聞きたいなぁ〜と思います。
posted by レジス・ドラビゾン at 17:00| Comment(2) | TrackBack(0) | レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

21 Accents

posted by レジス・ドラビゾン at 12:48| レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Christmas 2009 at Lisbon Airport

posted by レジス・ドラビゾン at 12:31| レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

ケベック際・Fête de la Saint Jean Baptiste

quebec.jpg

June 24th is Saint John the Baptist Day and is also the national day of Quebec. This day is celebrated with parades, street performers, BBQs, and fireworks. One week later, Canada Day is celebrated in a similar way on July 1st ; the day Canada became a country in 1867.

6月24日は聖ジョンの日とケベック州の祝日です。この祝日は、バーベキューをしたり、花火が盛大に上がります。1週間後はカナダの建国記念日です。1867年建国されました。 

Quebec ケベックについて

1. Largest province of Canada -3 times larger than France. カナダで一番大きい州−フランスの三倍の大きさです。

2. The official language is French. 公用語はフランス語

3. Name comes from the Algonquin word “kebek” and means, “the place where the river narrows”.
名前はアルゴンキン族の言葉”kebek”からきていて、川の幅が狭くなる場所、という意味です。

4. Discovered in 1524 by the explorer Jacques Cartier.
探検家ジャック・カルティエによって1524年に発見されました。

5. Colony called “New France ” was set up in 1608 in present day Quebec City.
1608年に植民地となり“ニューフランス”と呼ばれた場所が現在のケベックです。

6. Quebec City (capital) is the oldest city in N. America.
ケベックシティ(州都)は北米で最も古い都市です。

7. Quebec City is the only fortified city n. of Mexico.
ケベックシティはメキシコ以北で唯一の要塞化された都市です。

8. 76% of world wide maple syrup production
世界のメープルシロップ生産量の76%を占めます。

9. Largest dairy industry in Canada.
カナダ最大の酪農生産量です。

10. Largest hydroelectric power generation in the world.
世界最大の水力発電を有します。

11. 95% of power generation is from hydro.
電力の95%が水力発電によって供給されています。

12. Electricity is the cheapest in Canada at \5 per kw/h (\20 in Japan).
電気料がカナダで最も安く1kw/hが5円(日本は20円)

13. Snowmobile was invented in 1959 by J.A. Bombardier.
1959年、スノーモービルが J.A.ボンバルディアによって発明されました。

14. The Château Frontenac (pictured) in Quebec City is the most photographed hotel in the world.   
ケベックシティにあるシャトー・フロントナク(写真)は世界で一番多く写真におさめられているホテルです。
posted by レジス・ドラビゾン at 15:16| レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

BUSINESS ENGLISH CLASS ACTIVITIES

This page offers extra activities for students who are studying to improve their English language skills. It will be regularly updated and I look forward to any comments you may have.

Week of April 8th, 2009

Advanced Maze.pdf

1. Grammar Review Maze Intermediate.pdf
2. Grammar Review Maze Pre Intermediate.pdf
3. Upper intermediate Maze.doc
4. Advanced Maze.pdf

Instructions続きを読む
posted by レジス・ドラビゾン at 15:26| レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

福島市小学校英語教育はどうなるのでしょうか English Elementary School Education in Fukushima City

 子供たちを教えている世界の多くの外国語学校はアゴラを含めて、母国語を出来るだけ、もしくは全く使わない方がいいと考えています。実際にカナダの公立学校では、外国語を教える際には...続きを読む Click for English translation below
posted by レジス・ドラビゾン at 13:49| レジス ドラビゾン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする




Copyright(C) -AGORA- Corporation. All Rights Reserved.
QR-CODE
*このQRコードで簡単に携帯へURLが取り込めます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。